写真CLUB📷

滋賀県の各地に写真撮りに行っています✨

たぬきだらけ・・「信楽」第2弾!!!

f:id:kenko2918:20201013005428j:plain

たぬき村の大きなたぬきがお出迎え~♬

信楽のたぬきの置物を最初に作ったのが、明治時代の藤原銕造(ふじわらてつぞう)という陶芸家と言われています。

f:id:kenko2918:20201013171516j:plain

八相縁起

・笠 災難を防ぐため普段から準備

・笑顔 お互いに愛相よく

・大きな目 周りを見渡し気配りできるよう

・大きな腹 冷静さと大胆さを持つよう

・徳利 人徳に気を付けるよう

・通い帳 信用が第一

・太いしっぽ 何事もしっかりとした終わり方を

・金袋 金運がよくなるよう

信楽のたぬきにはこのような縁起担ぎが込められています!

f:id:kenko2918:20201010021750j:plain

忍者っす!

f:id:kenko2918:20201012195848j:plain

旧信楽伝統産業会館

甲賀市信楽が舞台になった2019年度後期連続テレビ小説「スカーレット」

陶芸家 川原喜美子の情熱的な人生を描いた物語の展示してました。

f:id:kenko2918:20201012195318j:plain

f:id:kenko2918:20201013010713j:plain

かわはら工房セット

f:id:kenko2918:20201013010514j:plain

カフェ「サニー」セット

ここにもたぬきが2匹いますよ~😍

f:id:kenko2918:20201012195636j:plain

穴窯セット

たぬきはどこにいるでしょう???

f:id:kenko2918:20201012200004j:plain

信楽伝統産業会館が新しくなりました!

鎌倉時代のやきものから近世のものまで、ひと目でわかる信楽焼の歴史を展示、随時展示会も開催しています。

f:id:kenko2918:20201013005239j:plain

建物の片隅にたぬきさんたちが並んでいました♬

f:id:kenko2918:20201012195353j:plain

焼き物の歴史を紹介

昭和期の生活用品や信楽焼の製造道具についても展示しています。

写真には写ってないですが・・ここにもたぬきはいました(笑)

本当にどこでもたぬきがいます。

f:id:kenko2918:20201012195531j:plain

❶

朝宮茶の生産工程を信楽焼伝統工芸士 富増純一氏が制作。

甲賀市は滋賀県内のお茶の9割を生産しています。

知らなかった😅

市内には朝宮と土山の2つの茶産地があり気候や栽培方法が大きく異なります。

「朝宮地域」は京都との県境に位置する山間地で、昼夜の寒暖差が大きく薫り高くおいしいお茶に育つそうです。

日本五大銘茶(宇治・川根・本山・狭山・朝宮)の1つにも数えられ約1200年前から栽培が始まっていた最も古い産地の1つだそうです。 

f:id:kenko2918:20201013194955j:plain

❷

f:id:kenko2918:20201013195120j:plain

❸

f:id:kenko2918:20201013195222j:plain

❹

f:id:kenko2918:20201012195600j:plain

❺

☆2・3・4枚目は上側が木なので写真が暗くなってしまったのが残念です😂

たぬき以外の信楽焼の焼き物もとても美しいです。

駐車場も入場料も無料です。

f:id:kenko2918:20201013221300p:plain